味  異常でないこと

水に溶けている物質、濃度により味の感じ方が異なり、水質異常の判断の基本的な指標となっています。 地質由来や下水、産業排水等の混入及びプランクトン等の繁殖のほか配管の腐食が原因で味を付ける場合があります。
又、海岸地帯では海水の影響を受け、塩味を感じることもあります。
異常な味は不快感を与えるので飲用には適しません。

文字サイズ変更 小 文字サイズ変更 中 ウインドウを閉じる
東京環境測定センター ロゴ
Copyright© 2012-2018
TOKYO ENVIRONMENTAL MEASUREMENT CENTER
All Rights Reserved.